Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

沖縄-本土労働者は団結しよう!沖縄・奄美出身労働者はたたかうユニオンに入ろう!沖縄・奄美出身者への差別を許さない!= タイトル =
    0 0


    台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事

    当該運転士はシフト管理担当者



    乗務員勤務制度改悪を粉砕しよう!

      10月21日、台湾・宜蘭県で特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人が負傷する大惨事が引き起こされた。

     ブレーキ不具合でも運行優先

     詳しい事故の原因などは調査中であり、はっきりとはわかっていない。だが、列車が15分~20分ほど遅延していたこと、当該列車が突然の停止と発車を繰り返していたこと、運転士はブレーキの不具合を複数回にわたって管理部門に訴えていたことなどが分かっている。

        本来なら、ブレーキの不具合が発生し、急停車を繰り返している以上、運行を中止して途中駅で検査を行うなどの対応が当然必要だ。

         だが、管理部門は運行を優先し、運転士に遅れの回復を催促したという。機器についても走行しながらチェックするよう指示したとされている。そして、制限速度75㎞のカーブに140㎞ともいわれる速度で進入し、8両編成の車両すべてが脱線する大事故が引き起こされた。

         会社が安全より運行を優先して運転士を追い詰めた結果であり、まさに尼崎事故そのものだ。

     管理者の乗務が事故を引き起こす

     加えて重大な事態が報じられている。事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直(当務主務)・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。

         列車の遅延に対して、管理部門から催促があったという報道についても、普段は現場管理者であるからこそ、なおさら指令の指示に逆らえなかった可能性がある。管理者の心理から考えれば、乗務員以上に指令に従わざるを得なかったことは想像に難くない。

         日頃から乗務している運転士がこんな状態の車両に乗務すれば、間違いなく車交を要求していたはずだ。だが、土日だけ駆り出される管理者が、そんなことを要求できるはずもない。

     乗務員勤務制度改悪 絶対反対!

     JRでも支社課員らが定期乗務するようになればどうなるのか。多忙な中、複数の業務を掛け持ちしながら乗務する。結局、朝から夜まで働かざるを得ない。そうなれば、「なぜ乗務までしなければならないのか」という思いを抱えざるをえない。しかも、 外注化やダイ改合理化で、列車の不具合や遅延が毎日のように起きている。そこで機器の不具合や列車遅延で生まれる焦りが降りかかれば、「事故が起こるべくして起こる」状況が生み出される。

         乗務員勤務制度の役割は、乗務員の健康や列車運行の安全を守るために、拘束時間や一継続乗務時間等を厳しく制限することだ。それを、「資格さえ持っていれば誰でもできる」として片手間仕事のように乗務労働を扱えば、鉄道の安全が守られるはずがない。

         会社は、乗務員勤務制度改悪を強行することで乗務員の労働条件と抵抗力を打ち砕くことを狙っている。それを突破口に、全系統にわたる鉄道業務の全面外注化・別会社化など、あらゆる攻撃を一気に貫徹しようとしているのだ。

       そうなれば、JRで働くすべての仲間の労働条件と鉄道の安全が根本から解体される。大事故が引き起こされる。台湾特急脱線事故はそのことを証明している。乗務員勤務制度改悪絶対反対! すべての仲間は職場から団結して声を上げよう。職場に闘う労働組合を取り戻そう。


    記事元 日刊動労千葉



    事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。

    JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。





    転載元: 宝の山


    0 0


    台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事

    当該運転士はシフト管理担当者



    乗務員勤務制度改悪を粉砕しよう!

      10月21日、台湾・宜蘭県で特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人が負傷する大惨事が引き起こされた。

     ブレーキ不具合でも運行優先

     詳しい事故の原因などは調査中であり、はっきりとはわかっていない。だが、列車が15分~20分ほど遅延していたこと、当該列車が突然の停止と発車を繰り返していたこと、運転士はブレーキの不具合を複数回にわたって管理部門に訴えていたことなどが分かっている。

        本来なら、ブレーキの不具合が発生し、急停車を繰り返している以上、運行を中止して途中駅で検査を行うなどの対応が当然必要だ。

         だが、管理部門は運行を優先し、運転士に遅れの回復を催促したという。機器についても走行しながらチェックするよう指示したとされている。そして、制限速度75㎞のカーブに140㎞ともいわれる速度で進入し、8両編成の車両すべてが脱線する大事故が引き起こされた。

         会社が安全より運行を優先して運転士を追い詰めた結果であり、まさに尼崎事故そのものだ。

     管理者の乗務が事故を引き起こす

     加えて重大な事態が報じられている。事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直(当務主務)・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。

         列車の遅延に対して、管理部門から催促があったという報道についても、普段は現場管理者であるからこそ、なおさら指令の指示に逆らえなかった可能性がある。管理者の心理から考えれば、乗務員以上に指令に従わざるを得なかったことは想像に難くない。

         日頃から乗務している運転士がこんな状態の車両に乗務すれば、間違いなく車交を要求していたはずだ。だが、土日だけ駆り出される管理者が、そんなことを要求できるはずもない。

     乗務員勤務制度改悪 絶対反対!

     JRでも支社課員らが定期乗務するようになればどうなるのか。多忙な中、複数の業務を掛け持ちしながら乗務する。結局、朝から夜まで働かざるを得ない。そうなれば、「なぜ乗務までしなければならないのか」という思いを抱えざるをえない。しかも、 外注化やダイ改合理化で、列車の不具合や遅延が毎日のように起きている。そこで機器の不具合や列車遅延で生まれる焦りが降りかかれば、「事故が起こるべくして起こる」状況が生み出される。

         乗務員勤務制度の役割は、乗務員の健康や列車運行の安全を守るために、拘束時間や一継続乗務時間等を厳しく制限することだ。それを、「資格さえ持っていれば誰でもできる」として片手間仕事のように乗務労働を扱えば、鉄道の安全が守られるはずがない。

         会社は、乗務員勤務制度改悪を強行することで乗務員の労働条件と抵抗力を打ち砕くことを狙っている。それを突破口に、全系統にわたる鉄道業務の全面外注化・別会社化など、あらゆる攻撃を一気に貫徹しようとしているのだ。

       そうなれば、JRで働くすべての仲間の労働条件と鉄道の安全が根本から解体される。大事故が引き起こされる。台湾特急脱線事故はそのことを証明している。乗務員勤務制度改悪絶対反対! すべての仲間は職場から団結して声を上げよう。職場に闘う労働組合を取り戻そう。


    記事元 日刊動労千葉



    事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。

    JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。





    転載元: 宝の山


    0 0


    台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事

    当該運転士はシフト管理担当者



    乗務員勤務制度改悪を粉砕しよう!

      10月21日、台湾・宜蘭県で特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人が負傷する大惨事が引き起こされた。

     ブレーキ不具合でも運行優先

     詳しい事故の原因などは調査中であり、はっきりとはわかっていない。だが、列車が15分~20分ほど遅延していたこと、当該列車が突然の停止と発車を繰り返していたこと、運転士はブレーキの不具合を複数回にわたって管理部門に訴えていたことなどが分かっている。

        本来なら、ブレーキの不具合が発生し、急停車を繰り返している以上、運行を中止して途中駅で検査を行うなどの対応が当然必要だ。

         だが、管理部門は運行を優先し、運転士に遅れの回復を催促したという。機器についても走行しながらチェックするよう指示したとされている。そして、制限速度75㎞のカーブに140㎞ともいわれる速度で進入し、8両編成の車両すべてが脱線する大事故が引き起こされた。

         会社が安全より運行を優先して運転士を追い詰めた結果であり、まさに尼崎事故そのものだ。

     管理者の乗務が事故を引き起こす

     加えて重大な事態が報じられている。事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直(当務主務)・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。

         列車の遅延に対して、管理部門から催促があったという報道についても、普段は現場管理者であるからこそ、なおさら指令の指示に逆らえなかった可能性がある。管理者の心理から考えれば、乗務員以上に指令に従わざるを得なかったことは想像に難くない。

         日頃から乗務している運転士がこんな状態の車両に乗務すれば、間違いなく車交を要求していたはずだ。だが、土日だけ駆り出される管理者が、そんなことを要求できるはずもない。

     乗務員勤務制度改悪 絶対反対!

     JRでも支社課員らが定期乗務するようになればどうなるのか。多忙な中、複数の業務を掛け持ちしながら乗務する。結局、朝から夜まで働かざるを得ない。そうなれば、「なぜ乗務までしなければならないのか」という思いを抱えざるをえない。しかも、 外注化やダイ改合理化で、列車の不具合や遅延が毎日のように起きている。そこで機器の不具合や列車遅延で生まれる焦りが降りかかれば、「事故が起こるべくして起こる」状況が生み出される。

         乗務員勤務制度の役割は、乗務員の健康や列車運行の安全を守るために、拘束時間や一継続乗務時間等を厳しく制限することだ。それを、「資格さえ持っていれば誰でもできる」として片手間仕事のように乗務労働を扱えば、鉄道の安全が守られるはずがない。

         会社は、乗務員勤務制度改悪を強行することで乗務員の労働条件と抵抗力を打ち砕くことを狙っている。それを突破口に、全系統にわたる鉄道業務の全面外注化・別会社化など、あらゆる攻撃を一気に貫徹しようとしているのだ。

       そうなれば、JRで働くすべての仲間の労働条件と鉄道の安全が根本から解体される。大事故が引き起こされる。台湾特急脱線事故はそのことを証明している。乗務員勤務制度改悪絶対反対! すべての仲間は職場から団結して声を上げよう。職場に闘う労働組合を取り戻そう。


    記事元 日刊動労千葉



    事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。

    JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。





    転載元: 宝の山


    0 0


    台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事

    当該運転士はシフト管理担当者



    乗務員勤務制度改悪を粉砕しよう!

      10月21日、台湾・宜蘭県で特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人が負傷する大惨事が引き起こされた。

     ブレーキ不具合でも運行優先

     詳しい事故の原因などは調査中であり、はっきりとはわかっていない。だが、列車が15分~20分ほど遅延していたこと、当該列車が突然の停止と発車を繰り返していたこと、運転士はブレーキの不具合を複数回にわたって管理部門に訴えていたことなどが分かっている。

        本来なら、ブレーキの不具合が発生し、急停車を繰り返している以上、運行を中止して途中駅で検査を行うなどの対応が当然必要だ。

         だが、管理部門は運行を優先し、運転士に遅れの回復を催促したという。機器についても走行しながらチェックするよう指示したとされている。そして、制限速度75㎞のカーブに140㎞ともいわれる速度で進入し、8両編成の車両すべてが脱線する大事故が引き起こされた。

         会社が安全より運行を優先して運転士を追い詰めた結果であり、まさに尼崎事故そのものだ。

     管理者の乗務が事故を引き起こす

     加えて重大な事態が報じられている。事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直(当務主務)・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。

         列車の遅延に対して、管理部門から催促があったという報道についても、普段は現場管理者であるからこそ、なおさら指令の指示に逆らえなかった可能性がある。管理者の心理から考えれば、乗務員以上に指令に従わざるを得なかったことは想像に難くない。

         日頃から乗務している運転士がこんな状態の車両に乗務すれば、間違いなく車交を要求していたはずだ。だが、土日だけ駆り出される管理者が、そんなことを要求できるはずもない。

     乗務員勤務制度改悪 絶対反対!

     JRでも支社課員らが定期乗務するようになればどうなるのか。多忙な中、複数の業務を掛け持ちしながら乗務する。結局、朝から夜まで働かざるを得ない。そうなれば、「なぜ乗務までしなければならないのか」という思いを抱えざるをえない。しかも、 外注化やダイ改合理化で、列車の不具合や遅延が毎日のように起きている。そこで機器の不具合や列車遅延で生まれる焦りが降りかかれば、「事故が起こるべくして起こる」状況が生み出される。

         乗務員勤務制度の役割は、乗務員の健康や列車運行の安全を守るために、拘束時間や一継続乗務時間等を厳しく制限することだ。それを、「資格さえ持っていれば誰でもできる」として片手間仕事のように乗務労働を扱えば、鉄道の安全が守られるはずがない。

         会社は、乗務員勤務制度改悪を強行することで乗務員の労働条件と抵抗力を打ち砕くことを狙っている。それを突破口に、全系統にわたる鉄道業務の全面外注化・別会社化など、あらゆる攻撃を一気に貫徹しようとしているのだ。

       そうなれば、JRで働くすべての仲間の労働条件と鉄道の安全が根本から解体される。大事故が引き起こされる。台湾特急脱線事故はそのことを証明している。乗務員勤務制度改悪絶対反対! すべての仲間は職場から団結して声を上げよう。職場に闘う労働組合を取り戻そう。


    記事元 日刊動労千葉



    事故の当該運転士は、普段はシフト管理を担当しながら、土日は応援業務として列車に乗務していたというのだ。報道からすれば、現場の管理者だったと考えられる。

    JR東日本が乗務員勤務制度改悪として進めようとしている支社課員・当直・指導員らの定期乗務と同じことが行われていたと考えられるのだ。





    転載元: 宝の山


    0 0

    イメージ 1

    イットクフェスティバルに行ったらムージカキオスクバンドがライブをしていた。しかし、じっくり聴かずに通りすぎてしまつた。

    0 0

    無期限スト支援を訴え台湾富士ゼロックス労組の上部団体が11・に来日!
    11・5富士ゼロックス本社申し入れ行動に結集を!
     
    2018111
    合同一般労働組合全国協議会
     
     10月23日から無期限ストライキに突入している台湾富士ゼロックス労働組合。日本の本社が打ち出したリストラ1万人削減計画で台湾で1000人の従業員のうち300人の解雇が狙われている。組合の要求は「仕事権」(労働権)の保障である。1000人の従業員のうち400人が団結して5つの拠点で闘っている。ピケを張り、暴力的な破壊や、個別の切り崩し・脅しをはねのけて闘っている。1030日には日本交流協会前に100名を越える組合員が結集し、仕事権を保障せよ!と声をあげた。富士ゼロックスは不誠実な対応に終始し、上部団体の桃園市産業総労働組合や弁護士の団体交渉出席も認めない。何としても仲間の解雇を許さない闘いとして1031日でストは9日目を迎えている。
     諸悪の根源は日本本社だ。台湾富士ゼロックス労働組合は日本の労働者の支援連帯を求めている。この呼びかけに動労千葉、合同一般労組全国協議会、全国労組交流センターが応え、連帯のメッセージを送った。台湾富士ゼロックス労働組合はさらなる支援連帯を呼びかけるために114全国労働者総決起集会(正午・日比谷野外音楽堂)に上部団体の桃園市総労働組合の仲間を派遣することを決定した。合同一般労働組合全国協議会は、来日する仲間と、富士ゼロックス本社に対して抗議・申し入れをともに闘うことを決定した。114全国労働者総決起集会に集まり、国際連帯の力で戦争と改憲をぶっとばし、安倍を打倒しよう。
     
     合同一般労働組合全国協議会は、115日(月)、桃園市総労働組合の仲間とともに富士ゼロックス本社へのビラまき・申し入れ行動に立ち上がります!ぜひ結集をお願いします!
     
    【集合場所・時間】
    115日(月)午前745
    地下鉄六本木駅8番出口集合
     
    富士ゼロックス本社行動の後、桃園市総労働組合の仲間は午後1時から千葉市のDC会館にて開催される日韓理念交流会に参加の予定です。可能な方はこちらもご参加ください。
     


    0 0


    改憲問題リーフレット
    全学連(高原恭平委員長)製作

    どんどん活用してください。


    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    全学連メール→ mail_cn001@zengakuren.jp 
    全学連ホームページ→http://www.zengakuren.jp/wp/
    全学連ツイッター→https://twitter.com/Zengakuren

    転載元: 宝の山


    0 0


    改憲問題リーフレット
    全学連(高原恭平委員長)製作

    どんどん活用してください。


    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    イメージ

    全学連メール→ mail_cn001@zengakuren.jp 
    全学連ホームページ→http://www.zengakuren.jp/wp/
    全学連ツイッター→https://twitter.com/Zengakuren

    転載元: 宝の山


    0 0


    11.2田暁典奪還祭に集まろう!



    2018年10月28日 — 


    「不退去罪」をでっちあげられ、京都府警に不当逮捕された田暁典くんの勾留が決定されたことをうけ、25日に勾留理由開示公判が行われました。
    公判への注目は高く、開始前から50人を超える学生・労働者が結集しました。にもかかわらず、京都地裁が用意した法廷は傍聴人がたった18人しか入れない小法廷!ほかにも傍聴に来た学生・労働者を不当に撮影するなど、地裁による越権行為が乱発されました。集まった学生からは「裁判傍聴の倍率は、京大受験の倍率より高いのか!」「すべての人に開かれていなくて、何が司法だ!」と怒りの声が上がりました。
    公判の中で、田くんの勾留理由は、「証拠隠滅」と「逃亡」のおそれがあることだと説明されました。しかし、「証拠」とされる「大学職員の目撃事実」を隠滅することはそもそも不可能です。さらに、「逃亡のおそれがある」とする根拠は、事件当時に田くんが「窓から逃亡しようとした」ことであると言い放たれました。つまり、「不退去」容疑を否定する事実が、あろうことか勾留理由に用いられているのです。
    被疑事実は「職員の退去命令に正当な理由なく従わなかった」というものですが、当時田くんは学生による申し入れ行動に参加していました。これを「犯罪」とすることは学生自治の否定であり、断じて許されません。
    田くんの逮捕は、学生たちを委縮・転向させるための弾圧であり、立て看板規制や吉田寮退去通告と連なる学生自治つぶしの一環です。それらは、戦争によってしか延命できず、貧困や格差が絶えない新自由主義体制を延命するための治安弾圧として強行されます。
    しかるに、強権的弾圧はすべらく反乱を招くものです。実際、怒りに燃えた新たな学生たちが次々と決起しています。これまで以上に広範な学生の団結で一日も早く田くんの奪還を実現しましょう。そして同学会を先頭に改憲・戦争絶対阻止の戦いに立ちましょう。
    田くんの勾留期限は10月29日です。同日に奪還された場合は記念集会として、勾留延長された場合は弾劾集会として11.2田奪還祭を大々的に開催しましょう。獄中の田くんの願いに応えて11.4労働者集会に結集し、全国・全世界の学生/労働運動と合流して戦争動員拒否のグローバルな闘いに決起しましょう!
    (文責・安田)




    転載元: 宝の山


    0 0
  • 11/05/18--15:39: 非和解、国際連帯
  • イメージ 1

    3日国際連帯集会、4日反改憲労働者集会、今日は理念集会(日韓労働者の論争の場)と連続する中、いろいろあります。
    昨日、4日朝、「前進チャンネル」編集長と出演学生2名が令状逮捕。
    「学生が4か月前、大学に無断で侵入してビラをまいた!」

    https://news.biglobe.ne.jp/smart/amp/domestic/1104/tbs_181104_5410906223.html

    はああ?、4か月前に?、「侵入」?、「進入」じゃなく。
    そこの学生じゃなくても大学生がよその大学に入ったからといって、「注意」されるのならともかく4か月も後に逮捕!、こんなことありますか?
    ミソは「前進チャンネル」ですね。
    この「前進チャンネル」の注目度、それも若者の注目度は驚くべきものがあって、しかし、そんなに恐れているのかい?!
    しかし逮捕したからといって何とかなると思っているのか? 逆効果しかないだろう!
    やっぱ、闘う全学連、非和解の中核派!ってなるにきまっている。

    そして、今日は昨日の集会で急きょ呼びかけられた台湾富士ゼロックス労組への連帯闘争が東京・六本木の本社前で行われた。
    突然、台湾、富士ゼロックス、いままで聞いたことない話が出たのは、台湾ではなく韓国の仲間からの要請だったようです。

    http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2018/11/post-3959.html

    一気に三ヵ国の労働者が一緒になって解雇撤回を、本社のある日本でおこなう!
    ちょっと前までにはなかなかなかった話です。
    アジアの仲間に「日本の労働者は仲間だ、味方だ、兄弟だ」と訴える。
    昨日の反改憲デモは、日本人よりも外国人の方が注目度が高いと感じるほどです。
    「あ、日本人にもたたかう人たちがいるんだな!」みたいな気持ちが伝わってくる。